ボンハンバーガーの数量限定「チキンカツバーガー」を食べて来た

Written by Cinzy

カリッとサクッとした食べ物が大好きなCinzyです。

「ボンハンバーガー」全メニュー制覇 Vol.29 これで最後の『ボンチーズバーガー』」で、全メニューを制覇(ただしエビバーガー抜き)した「ボンハンバーガー」ですが、数量限定で「チキンカツバーガー」を販売しているという情報を入手しました。

数量限定だとしても、「エビバーガー」以外のメニューは全部食べなければいけない。そう思い、「ボンハンバーガー」に行ってきました。

ボンハンバーガー「チキンカツバーガー」限定販売 100個

「チキンカツバーガーって、どんなのですか?」
「う〜ん、ちょっとチキンが硬いよ」
「チキンが硬い?」
「そうやねん。ちょっと時間が経ってから食べたら柔らかくなるねんけどな」

硬いチキンって何だ?
ひね鶏みたいなものか?
でも、時間が経つと柔らかくなる?
どういうこと???

そういや、値段も「ボンバーガー」(370円)より40円も安い330円です。逆に「チキンカツバーガー」より安いものって、「ハンバーガー」(260円)と「チーズバーガー」(290円)しかありません。そうとう安いチキンを使っているのか?

「ボンハンバーガー」チキンカツバーガーと甘口バーガー

「チキンカツバーガー」が美味しくなかった時のために、保険として「甘口バーガー」も一緒に注文しました。

左が「チキンカツバーガー」で、右が「甘口バーガー」です。

ボンハンバーガー「チキンカツバーガー」

これが「チキンカツバーガー」ですが・・・

ひょっとして・・・と思いつつ、食べてみると・・・

ボンハンバーガー「チキンカツバーガー」の断面

ガリッ!
やっぱり!

「チキンカツバーガー」はチキンが硬いのではなく、クリスピーな衣がカリカリしていたのでした。

おっちゃん、これは「チキンが硬い」とは言わんよ。「衣がカリカリ」って言わないと、その説明じゃ食べたいとは思わないよ。

ちなみに味は、歯ごたえのよいカリッとサクッとしたクリスピーなチキンにボンソースがかかって美味しかったです。

あと、これ本当に330円でいいのかな?
他のハンバーガーとのバランスを考えると、400円くらいしてもよさそうなのに、大丈夫なんかな?