中華そば専門店「東龍」 やさしくて美味しいスープに気をつけないと・・・

Written by Cinzy

京都大原三千院、恋に疲れた女がひとりのCinzyです。

今回は、中華そば専門店「東龍」(とんりゅう)を紹介したいと思います。

中華そば専門店「東龍」(とんりゅう)

場所はこのあたりです。

京都の北白川で、近くにある「天下一品 総本店」にもよく行きますが、「東龍 北白川本店」も気に入ってます。

中華そば専門店「東龍」のメニュー

昔ながらの背油醤油「中華そば」(680円)もありますが、ここはやっぱり名物「東龍そば」(680円)と「鶏の唐揚げ」(350円)を選びます。

中華そば専門店「東龍」の「鶏の唐揚げ」

見た目はフツーな感じの「鶏の唐揚げ」ですが、食べてみると「う〜ん、クリスピ〜!」そして「スパイシ〜!」なのです。

カリカリでサクサクの衣にカレーっぽい味がほんのりして、独特のから揚げになっています。

ラーメンを待っている間にこれを食べていると、逆にお腹が減ってきてしまいます。

中華そば専門店「東龍」の「東龍そば」

いよいよ「東龍そば」が登場です。

見た目もちょっとあまり見かけない雰囲気がありますが、スープも特徴的です。
ポタージュほどドロドロではありませんが、クリーミーです。コッテリというわけではなく、むしろヘルシーでやさしい感じです。

それだけだと単調になってしまいますが、上にかかってる赤いパウダーがピリ辛でアクセントになっています。
テーブルに置いてある「ピリ辛ニラ麻油」を入れると、さらにピリ辛になりますが、入れすぎると結構辛いので注意を。

もちろん、チャーシューやシナチクもとても美味いのです。
そこで気をつけないといけないことが一つあります。

中華そば専門店「東龍」の「東龍そば」完飲

気がつくと、スープまで完飲してしまうことです。
できるだけスープは残そうと思っているのですが、ついつい飲んでしまいます。

「東龍そば」を食べる時は、気をつけてください。