シリーズ松山 #5 瓢系ラーメンをご存知? 瓢太の「中華そば」は分厚いのがお好き

Written by Cinzy

思いがけなくお別れなんて、せめてCまでの関係のCinzyです。

シリーズ松山 #1 ほんのり甘くてやさしい味、小林商店の「たまごバター餅」を港やで食す」からスタートした「シリーズ松山」ですが、今回で終了です。

もちろん、またいつか行く機会があれば、さらに続くことになりますが。

伊予鉄道

ところで「瓢系ラーメン」ってご存知でしょうか?

愛媛県の松山に「瓢系ラーメン」と呼ばれるラーメンがあるそうなのですが、今まで食べたことがありません。

そんなわけで、今回は「瓢太(ひょうた)」に行ってきました。

中華そば おでん「瓢太」(ひょうた)

勝手にラーメン専門店と思っていたのですが、看板を見ると「中華そば おでん『瓢太』」と書かれています。

表記の順番ではかろうじて「中華そば」の方が上に載っていますが、ちょうちんは「おでん」しか載っていないようです。

場所はこのあたりです。

店内に入ってビックリしました。

勝手にカウンター席だけと想像していたのですが、いきなり座敷にテーブルが並んでいます。

看板を見た時、「ラーメンだけじゃ物足りない? おでんもあるよ」みたいな感じでイメージしたのですが、どちらかというと「腹一杯になったけど、シメにラーメンもらおうか」みたいな感じでしょうか。

「瓢太」のメニュー

他のメニューも気になったのですが、帰りの飛行機の時間まであまり余裕がなかったため、初志貫徹で「中華そば・並」(650円)を注文しました。

出てきたのがこちら。

瓢太「中華そば」

マグカップもそうなのですが、口に当たる部分が分厚い器が好きだったりします。この器、なかなかいいですね。

さっそく食べてみると、美味いっ!

瓢系ラーメンは甘いと聞いていたのですが、確かに甘いです。でも、砂糖のような甘さではなく、ほんのり甘いというか、やさしい味に感じました。

瓢太「中華そば」のチャーシュー

チャーシューはかなりの分厚さです。これまた、いいですね

食べてみても、ボリューム感があります。でも、これだけ分厚さがあっても、やわらかいです。いいぞ。

瓢太「中華そば」完飲

スープは残さないといけないといつも思っているのですが、気づいたら全部飲み干してしまっていました。

このスープを水筒に入れて持ち歩き、いつでも好きな時に飲めるようにしたい。特に寒い季節、熱々のスープを飲むと身体が温まっていいなぁ・・・と思ってしまうくらいの美味しさでした。

今回は時間がなかったので、中華そばしか食べませんでしたが、おでんも食べてみたかったです。ラーメンが美味しかったので、たぶんおでんも美味しいはず。

家の近くに瓢系ラーメンの店、ないのかなぁ?