シリーズ松山 #2 道後温泉本館すぐ近く「おいでん家」(おいでんか)の「鯛の釜めし」

Written by Cinzy

カルチャー・クラブと言えば、「TSUTAYA」より「カーマは気まぐれ」なCinzyです。

前回の「シリーズ松山 #1 ほんのり甘くてやさしい味、小林商店の「たまごバター餅」を港やで食す」に続き、今回も松山シリーズです。

道後温泉本館

今回はランチに行った「伊予のご馳走・おいでん家」です。

おいでん家 (おいでんか)

場所はこのあたりです。

店内の写真は撮りませんでしたが、各テーブルにタッチパネル式のタブレットが置いてある居酒屋スタイルでした。

机の上に紙のメニューも置いてありますが、タブレットで注文します。

おいでん家のメニュー

今回選んだのは「釜めしセット」(1,300円・税別)で、釜めしの具はたこ、あなご、鯛、海老、貝柱の中から鯛を選びました。

おいでん家「釜めしセット」

釜飯は注文してから炊くそうなので、結構時間がかかりました。

天ぷらもセットになっているので、机の上がいっぱいに。

おいでん家「釜めし」

釜飯はちょっとおこげができて美味しかったけど、特筆すべきことはないというか、想像通りでした。

釜飯だけでもお腹いっぱいになったので、天ぷらがどうしても食べたいって気分でなければ、お吸物がセットになっている「釜飯」(1,000円・税別)でもよかったかなと思いました。

あと、あんまりB級グルメ感はなかったかな?