6月30日に食べるのは?! -寛永堂の水無月-

Written by Noch

テゴマスを並び替えるとステゴマ、NOCHです。
夏越しの祓の6月30日、当たり前のように和菓子の水無月を食べようとしたら、どこにも売ってなかった。
東京には空もないけど、水無月もなかった。

東京の和菓子屋には、水無月を置いてない。東京では喰わないのか?
ってことで、寛永堂さんに行ってきました。
寛永から続いてる和菓子の一流処では買いたくなかったが仕方がない。水無月自体はB級なので掲載します。

寛永堂の水無月_全景

きちんと縁起菓と書いてあります。
さすが、寛永堂、小さいのに4個で702円です。
ぺりっと開けると、小豆まで何やら埋まってます。

寛永堂の水無月_一個の全景

実は、上の小豆は透明な寒天で固めてあるという手の込みよう。

寛永堂の水無月_断面図

上品な甘さでしかもぷにゅっとしてておいしい。

しかしさぁ、いくら東京が田舎者の集まりとはいえ、恵方巻も定着したんだから、そろそろ季節季節の行事の食べ物定着させようよ。
夏越しの祓なめてると、夏バテ者続出だよ。
あ、だから、毎夏、熱中症で搬送者続出か。