マクドナルドの「チョコディップコーン」は、ソフトツイストとはひと味違う!

Written by Cinzy

ピノ大好きなCinzyです。

マクドナルドの「チョコディップコーン」をご存じですか?

このメニュー、公式サイトにも載っていません。たぶん。
探したけど、載っていませんでした。

マクドナルド「レギュラーメニュー(サイドメニュー)」
レギュラーメニュー(サイドメニュー) | メニュー情報 | McDonald's Japan」より

どんな食べ物か?

「チョコ」というくらいなので、甘い物、スイーツ系とはわかると思うのですが・・・

こちらが「チョコディップコーン」です。

マクドナルド「チョコディップコーン」

「ソフトクリームのチョコ味?」
おしい!
半分正解で、半分間違いです。

正解はソフトツイストをチョコレートでコーティングしたものです。

ソフトツイスト

マクドナルドオリジナルのソフトクリームはその名も「ソフトツイスト」。濃厚でコクのある味わいのソフトミックスと、サクサクした食感のコーンがマッチしています。お子様から大人まで思わずホッと顔がほころぶ、マクドナルドならではの味わいをお楽しみ下さい!

マクドナルド「ソフトツイスト」 ソフトツイスト | メニュー情報 | McDonald's Japan」より

「そんなもの見たことない」
「どうして公式サイトのメニューに載っていないのか?」

よく行くマクドナルド 新梅田店で扱っていたので、どこでも食べられるものだと思っていたのですが、最近、扱っているお店が少ないことを知りました。

だから、知らない人も多く、メニューに載っていないのだと思います。

そんなわけで、これはぜひ紹介しなくては・・・となりました。

まず、注文すると、ソフトツイストを作ります。

マクドナルド「ソフトツイスト」

ほぼ、この状態です。

で、これを180度逆、上下を逆さにした状態に持ち、チョコレートがドロドロに溶けた中に沈めていきます。

見ていると「おいおい、そんな持ち方をして、ボトッと落ちないか?」
「ちょっとチョコに漬けすぎなことない? 溶けてしまわない?」
と心配してしまいます。

「まだ漬けるの?」と思っていると、ようやくチョコレートの中から出してきます。

余計なチョコが垂れなくなるまで、上下逆の状態で待ちます。

ここでも「大丈夫? 時間長すぎない? 落ちない?」と心配してしまいます。

ようやく、垂れなくなると、180度逆に戻して、渡してくれます。

ソフトツイストって、こんなに粘るものなのかと関心してしまいます。

で、食べてみると・・・

マクドナルド「チョコディップコーン」の断面

ソフトクリームのまわりにパリッとした薄いチョコレートの層ができていて、普通のソフトツイストより味も食感もワンランク上のスイーツになるのでした。

「ピノ」のソフトクリーム版と言えばわかりやすいでしょうか?

ピノ

ひと粒口に含むとチョコとバニラが絶妙なバランスで溶け合いプチハッピーな気分になれるひとくちタイプのチョココーティングアイスです。

MORINAGA「ピノ」 ピノ | アイスクリーム | 商品紹介 | 森永乳業株式会社」より

あんなに硬くなくて、もっと柔らかいので、かなり印象が違うのですが、「ピノ」がイメージしやすいのではないかと思います。

というわけで、マクドナルドで、「チョコディップコーン」を見かけることがあれば、ぜひ食べてみてください。

扱っているお店が少ないそうなので。