苦節2時間15分。神戸牛丼「広重」で、最高に美味しい牛丼を。さりとて...

Written by Cinzy

最近サシの入った肉より、赤身の肉の方が好みのCinzyです。

神戸牛丼「広重」に行ってきました。

場所はこのあたりです。

お昼は11時からオープンするのですが、11時30分に着いたら、すでにこの行列でした。
ちなみにこの日は日曜日です。

神戸牛丼「広重」の行列

20人は並んでいなかったと思います。15人くらいでしょうか。
でも、ここからお店は見えません。

今まで何度も書いていますが、僕が待てるのは30分です。それ以上待つことはできません。

まぁ、15人ほどなら、30分くらい並べば入れるでしょう。
そう思って待ち始めたのですが・・・
待てど暮らせど、一向に列が進みません。

しばらく待っていると、お店の中から店長らしき人が出てきて、説明を始めました。

店内には10人入れる。
1回転するには40分かかる。
だから、店内のお客さんが食べ終わって、行列に並んでいる最初の10人が店内に入れるまで40分かかる。
次の10人が入れるまで1時間20分かかる。
次の10人が入れるまで2時間かかる。

僕が入れるのは1時間20分後?
マジで?

普段なら、100%待ちません。その場で他の店に移動します。
ただ、この日は三宮で4時間ほど時間を潰さねばいけなかったため、どっちみち他に行きたいところもなく、時間はたっぷりあったので、待つことにしました。

待って、待って、ひたすら待って、さらに待ちました。

神戸牛丼「広重」の看板

お店の看板が見えてきた時は嬉しかったです。

でも、ここからさらに待って、待って、待ち続けました。

神戸牛丼「広重」の外灯

読んでいた本が終わってしまうのではないかと思うくらい待ちました。

あと、もうちょっと・・・

神戸牛丼「広重」の暖簾

ついに暖簾が見えてきました。

こんなに待ったのは、初代iPadを買うためにApple Storeの前で、徹夜で並んで以来ではないでしょうか。

お店に入ったら、店内の人みんなとハイタッチしてしまいそうな勢いです。

神戸牛丼「広重」のお品書き

「おしな書」が入り口の横にありました。

  • 並み:1,200円(税込み)
  • 大盛り:1,400円(税込み)
  • たまご:100円(税込み)
  • ビール: 500円(税込み)

もうお腹ペコペコです・・・

そして、ようやく店内に入ることができました。
11時30分から並び始め、席に着いたのは13時15分でした。
実に1時間45分かかりました。疲れた・・・

店内は、壁に向かって5人がけのカウンターが左右にあります。右に5人、左に5人、合計10人です。

で、オーダーですが、「並み」にしました。

そして、ここからさらに待つことになります。
朝食を食べてなかったので、本当にしんどい・・・

そして、13時45分。ついに来ました!

神戸牛丼「広重」の牛丼

店の前に並び始めて2時間15分。

今まで、食べ物を食べるために、これだけ長い時間並んだことがありません。

今なら、何を食べても「美味い!」と言えるような気がします。

神戸牛丼「広重」のスープ

みそ汁かと思いきや、スープでした。

具は、今の時期、結構値段が高い白菜と大根とニンジンかな?

神戸牛丼「広重」の漬け物

白菜の漬け物です。

いよいよ、食べてみると・・・

神戸牛丼「広重」の牛丼の断面

美味いっ!

食べ終わって時計を見ると、14時前、10分ほどで食べていました・・・

牛丼と思うと「普通は300円ほどなのに1,200円? 高っ!」となってしまうかもしれません。

牛丼ではなく、美味しいすき焼きの肉をご飯のうえに乗せていると思うと、高いどころか、コストパフォーマンス良く感じるのではないでしょうか。

ちなみに肉の上に乗っているのは、柔らかく煮込まれた葱とししとう、大葉、三つ葉で、肉の下にはこれもまた柔らかく煮込まれた玉ネギがたっぷり入っていました。

まず、美味しいです。
すき焼きの肉といっても、甘辛く味付けした肉ではなく、牛肉本来の美味しさがわかるくらいの控えめの味付けです。これは、使っている牛肉が美味しくなければ、できません。

ただ、また食べに行きたいか? と聞かれると、素直に「Yes!」と言えないのです。
その理由は簡単で、2時間15分も待ちたくないからです。

レッドロック(Red Rock)の「ローストビーフ丼」に完敗! くぅ〜〜〜っ!」で紹介したレッドロックも並ばなければ、食べることができません。もちろん待ち時間も20、30分ほどでレッドロックの方が待ち時間も短いのですが、決定的に違うのが、待ち時間の原因です。

レッドロックの場合、単純にお客さんが多すぎるので、待たされます。空いている時間に行くと、待ち時間はあまりありません。広重の場合、作る時間が長いので、待たされるのです。空いている時間に行っても、待ち時間はあまり変わらないでしょう。

これが良い悪いという話ではありません。

広重は、おそらく1人前ずつ、丁寧に肉を焼いて、最高に美味しいベストな状態に焼いて提供されているのだと思います。だから、本当に美味しい。でも、作り置きができないので、提供するのに時間がかかる。

これに納得できれば、他にはない最高のお店だと思います。おそらく他のお店なら、手を抜くか、店を広くして店員を増やすか、効率の良い方法に変えるか、何かするはずです。広重はこだわって、今のやり方を貫いているのでしょう。

帰る時、席に座っていたのは6人でした。これで11時〜15時のお昼の部は終わりです。おそらくこの日のお昼の部のお客さんは40人ほどではないでしょうか。う〜ん、もうちょっと商売っ気出してもいいんじゃないかな? と思ってしまいました。

神戸牛丼「広重」

結構待ち時間長いけど「最高に美味しい牛丼を、最高に美味しい状態で出したい」を優先する広重に共感できる人なら、きっと満足できるはずです。

僕は30分待ちくらいで食べられるようになれば、また行ってみたいと思いますが、2時間15分はもう待ちたくないです。

これを見て食べてみたいと思われた方、もし行くなら11時前から並ぶことをオススメします。最初の1回転目に入れるか、もしダメでも2回転目なら40分待ちで入れると思いますので、ここまで疲れないと思います。

ちなみに、この後、足が痛くなり、足ツボに行きました。1,200円+3,800円で、合計5,000円と思うと、結構高い牛丼でした。