大阪で佐世保バーガーを食べたくなったら「佐世保バーガー 天王寺店」

Written by Cinzy

なんでも本場で食べてみたいCinzyです。

佐世保バーガーは大好きで、過去にも何度か紹介したことがあります。

過去の佐世保バーガーの記事

しかし、どれも2007年の記事です。

飽きたわけではありません。当時、大阪に出店されていったお店がブームが去るのとともに、一つ二つと閉店していったのです。

もう大阪では食べられないか・・・と思っていたのですが、最近、天王寺に佐世保バーガーのお店があることを知りました。

「佐世保バーガー 天王寺店」です。
お店の名前がそのまんま「佐世保バーガー」です。

佐世保バーガー 天王寺店

というわけで、さっそく行ってきました。

場所はこのあたりです。

天王寺の駅からはちょっと歩きました。

「佐世保バーガー 天王寺店」のメニュー

メニューはいろんなハンバーガーや、佐世保サンドなどサンドイッチなどいろいろありましたが、もちろん注文したのは「佐世保バーガー」です。

690円のレギュラーサイズと、なんとレギュラーの2倍の1,380円のジャンボサイズの2種類がありましたが、佐世保バーガーを食べに行ったので「これぞ佐世保バーガー」って感じのジャンボサイズを選びました。

「佐世保バーガー 天王寺店」のコーラ

一緒に注文したのはコーラだけ。ジャンボサイズを食べるなら、ポテトとか余計なものを食べる自信はありません。

ちなみにコーラは瓶に入ったものです。昔はどこでも飲めたのですが、久しぶりに見ました。缶やペットボトルに入ったコーラより美味しく感じるのは気分的なものでしょう。

佐世保バーガー 天王寺店「佐世保バーガー ジャンボ」

しばらく待って、佐世保バーガー ジャンボサイズの登場です。

久しぶりに見たせいでしょうか。今まで食べた佐世保バーガーの中で一番大きく感じます。

ちょっとこぶりのクッションくらいのサイズです。
巨大です。
直径20cm近くあるように感じます。

正直、ジャンボサイズを選んだことをちょっと後悔しました。
全部食べられるかなぁ・・・

でも、食べてみると・・・

佐世保バーガー 天王寺店「佐世保バーガー ジャンボ」の断面

美味い!

この味です。牛100%のパティに玉子、チェダーチーズ、厚めのベーコン、オニオン、トマト、レタスの組み合わせ、これぞ佐世保バーガー!

ただ、玉子はもうちょっと甘みを感じる方が好みかな?
でも、とても美味しく、一気に全部食べてしまいました。

この日は佐世保バーガーを食べるために、お腹を空かせてペコペコの状態で行ったので、全部食べられましたが、そうでなければちょっと食べ過ぎでした。

食べ終わった後も2、3時間は胃がパンパンで重く感じました。

ハンバーガーとコーラだけで1,660円はやっぱりちょっと高く感じるし、次回はレギュラーサイズで胃にも財布にも余裕を持たせようかと思いますが、やはり一度はこのジャンボサイズの佐世保バーガーを食べたいものです。

後から気づいたのですが・・・

メニューに書いてある金額より、高い金額を請求されるお店「佐世保バーガー 天王寺店」

メニューには佐世保バーガーが1,380円、コーラが250円(合計:1,630円)と書かれていたのですが、レシートには佐世保バーガーが1,400円、コーラが260円(合計:1,660円)と書かれていました。

もちろん支払ったのはレシートの金額です。

外税? サービス料? とも思ったのですが、どうも違うし、レシートをよく見ると「内税 5.0%」とか書かれているし、結構いい加減でルーズなお店のようです。

値上げしたけど、メニューの金額は変えずにそのままにしているのでしょう。

30円ほどの差だから、たいしたことないと言えばたいしたことがない金額なのですが、まぁ、そういうお店だということです。

僕はもう二度と行くことはないかな・・・

2016年6月1日更新

「僕はもう二度と行くことはないかな・・・」と書いたのですが、再び行ってきました。
続きは「「佐世保バーガー 天王寺店」1年ぶりに行ってきた。 〜佐世保バーガーを絶滅から守ろう!〜」で。