? + エスプレッソ = マクドナルド アフォガート

Written by Cinzy

そんなアフォガートなCinzyです。

マクドナルドの「アフォガート」を食べてきました。

マクドナルド「アフォガート」

まず名前を間違って覚えていました。
「アフォガード」ではなく「アフォガート」なんですね。

で、マクドナルドの説明を見てみると・・・

アフォガート

これからの冬にぴったりの、あたたかさとつめたさのハーモニーをお楽しみいただける、期間限定のデザートです。エスプレッソマシンから抽出したあたたかいエスプレッソを、つめたいソフトクリームにかけてお楽しみください。ほろ苦さと甘さがとろ〜りとろけて、サクサクのオレオ(R)のトッピングとも相性抜群。上質な味わいの一品です。

マクドナルド「アフォガート」公式サイトの写真 アフォガート | メニュー情報 | McDonald's Japan」より

要は、既存のメニュー「マックフルーリー オレオクッキー」に「エスプレッソ」をかけたようなものですね。

新規のメニューを開発せず、アリモノを組み合わせて新しいメニューを作る手法は無駄がなく、かしこいと言えばかしこいと言えると思いますが、ワクワク感も食べてみたいという気持ちもわかず、ちょっと残念な気がします。

マクドナルド「アフォガート」のソフトクリーム

こちらがベースとなるサクサクのオレオがトッピングされたソフトクリームです。

やっぱり小型の「マックフルーリー オレオクッキー」ですね。

マクドナルド「アフォガート」のエスプレッソ

そしてこちらがエスプレッソで、これをソフトクリームにかけます。

マクドナルド「アフォガート」は「マックフルーリー オレオクッキー + エスプレッソ」

ドバドバと一気にエスプレッソをソフトクリームにかけていたら、半分くらいかけたくらいで溢れそうになりました。
ちょっとずつかけるものなのかな?

食べてみると・・・

マクドナルド「アフォガート」の断面

今まで食べたことがあるアフォガートとはちょっと違うイメージです。
やっぱり、マクドナルドのアフォガートって感じなのです・・・

何が違うのか?
今まで食べたことがあるアフォガートって、ベースがソフトクリームではなく、アイスクリームでした。冷たくてやわらかいけど、歯ごたえのあるアイスクリームとアツアツのエスプレッソとが口の中に同時に入った時の組み合わせが美味しかったと思うのです。

ベースがソフトクリームになって、ただただドロドロの液体になったソフトクリームとエスプレッソが口なのかで混ざった状態で歯ごたえがないのです。

おそらくその苦肉の策で、オレオを混ぜたのでしょう。オレオが唯一サクサクとした歯ごたえなのですが、う〜〜〜ん・・・ といった感じです。

「アフォガート」と呼ばず「マックフルーリー オレオクッキー エスプレッソ」みたいな新しいデザートにしてしまえば、こういうものかと思えたかもしれませんが、「アフォガート」と思うと、ちょっと残念な感じがしました。