かき氷界のイチロー「ミルク金時」が美味い、風流田舎そば

Written by Cinzy

「稲村ジェーン」が観たくなり、DVD化されていないことを知ったCinzyです。

もうすぐ今年の夏も終わり・・・
そんなわけで、夏を惜しむようにかき氷が食べたくなったわけですが、場所は梅田。さて、どこに食べに行くか?

一人で買い物の途中だったので、わざわざ並んでまでして食べたくはない。
そして食べたいのはミルク金時。

そう思って探すと、意外とないのです。
宇治金時や白玉、みぞれ、黒蜜などはあるのに、シンプルなミルク金時がない。
サッと入って、サッと食べたいのですが・・・

で、見つけたのが「風流田舎そば」です。
食事では何度も利用したことがあるのですが、ここでかき氷を食べるのは初めてです。

風流田舎そばのかき氷のメニュー

メニューはシンプルな昔ながらのかき氷スタイルです。

もちろん注文するのは、ミルク金時です。

風流田舎そば「ミルク金時」

しばらくして出てきたのがこちら。

うん、イメージ通りです。

風流田舎そば「ミルク金時」のスプーン

スプーンはちょっとクセのある形状。

持ちにくく、食べにくいという・・・

風流田舎そば「ミルク金時」の断面

うん、美味いです。

ミルク金時って、マズく作ることができないと思うのです。

よほどのこだわりのお店じゃない限り、市販のみぞれのシロップに市販の練乳をかけて、市販のあずきを入れて作られます。変に自家製にして、逆に美味しくなくなるケースはあるかもしれませんが、普通の店は仕入れたものを使うので、まずマズくはありません。

オシャレなかき氷カフェバー「yelo」(イエロ)は別次元の美味さだった!」で紹介した「yelo」のように、120点の点数をつけるような物はなかなかないと思いますが、普通に作れば70点や80点のものができてしまう。
それがミルク金時なのです。

焼くものなら、火加減で生焼けになってしまったり、焦げたりすることがありますが、かき氷の場合、状態が悪いと溶けてしまったり、商品にならないので、客に出せるレベルのものである時点で合格点をクリアしているのです。

宇治金時のように、宇治の美味しさが大きく影響すると美味しくないものもできてしいまいますが、上でも書いたように、ミルクはそこそこのものでも、普通に美味しいので、美味しくないものはまずできません。

100点満点で100点のホームラン級のミルク金時にはなかなか出会えませんが、どこの店でも確実に70点や80点のヒットを出すミルク金時、それはかき氷界のイチローのような存在なのです。