コメダ珈琲店の「アイスミルクコーヒー」と「アイスオーレ」は何が違うのか? 飲み比べてみた。

Written by Cinzy

名古屋めしが大好きなCinzyです。

最近、ますます意欲的に出店し、京阪神にもお店が増えてきました「コメダ珈琲店」ですが、名古屋色が強く、慣れないこともあります。

その中の一つが「アイスミルクコーヒー」です。

「コメダ珈琲店」のメニュー

名前の通り、ミルクが多く入ったアイスコーヒーだと思うのですが、それって「アイスオーレ」とどう違うの?
って、ことなのです。

お店の人に聞くと、ミルクの量が違うとのこと。
というわけで、飲み比べてみることにしました。

コメダ珈琲店の「アイスミルクコーヒー」と「アイスオーレ」

左が「アイスミルクコーヒー」で、右が「アイスオーレ」です。
ちなみにどちらもシロップは入れていません。

どっちも同じような色だと思っていたのですが、並べてみると「アイスミルクコーヒー」はかなり白いことがわかりました。

では、飲み比べてみると・・・

まずは「アイスミルクコーヒー」から。
やっぱりミルクたっぷりのアイスオーレの味です。

続いて「アイスオーレ」を飲んでみます。
ん? 「アイスオーレ」だけを飲んでいる時には気づきませんでしたが、結構コーヒーの味が強く、苦みを感じます。

再び「アイスミルクコーヒー」を飲んでみます。
牛乳です。コーヒーの味がほとんどしません。

結論。
別々に飲むと、あまり違いがわかりませんでしたが、一緒に飲むと結構コーヒーの味の差が感じられました。

コメダ珈琲店と言えば、飲み物を注文するとついてくるのがピーナッツ。

コメダ珈琲店のピーナッツの袋

今回は当然2袋ついてきました。

袋を開けてみると・・・

コメダ珈琲店のピーナッツ

あれ?
結構、量に差がありますね。重さが同じなのだと思いますが、見た目では右の方が多く感じてしまいます。

ピーナッツも嬉しいサービスですが、モーニングの時間帯にはトーストとゆで玉子がついてくるのも嬉しいサービスですね。

名古屋に行かなくても、気軽に名古屋めしを楽しめるコメダ珈琲店。これからもがんばってもらいたいと思いました。