絶対に負けられない戦いが、そこにはある! マックジャパン「ジャパンバーガー ビーフメンチ」

Written by Cinzy

サッカーを観戦すると、応援しているチームが必ず負けるCinzyです。

今日、6月25日、日本はコロンビアと対戦して、1―4で敗れてしまいました。これで2014年のFIFAワールドカップ ブラジル大会は、決勝トーナメント進出できずに終わってしまいました。

絶対に負けられない戦いが、そこにはある!

というわけで、「マクドナルド「ブラジルバーガー ビーフBBQ」は意外とアンパンマンだった」ではもう食べないといっていましたが、ザックジャパンの雪辱を果たすため、再びマックジャパンこと、マクドナルドへ行ってきました。

食べたのは、もちろん「ジャパンバーガー ビーフメンチ」です。

マクドナルド「ジャパンバーガー ビーフメンチ」

メンチカツだけ断面が見えてますが、これは「CM上の演出です。実際の商品はカットされていません」ということでしょう。

マックジャパンの説明がこちら。

ジャパンバーガー ビーフメンチ

ワールドカップの気分を盛り上げるサッカーボールバンズにはさまれた、ジューシーなチーズ入りメンチカツ。ビーフとオニオンの旨みが広がります。シャキシャキのキャベツはメンチとも相性ばっちり。6種類の野菜と果実をすり下ろしたメンチカツ用ソースで仕上げました。

マクドナルド「ジャパンバーガー ビーフメンチ」公式サイトの写真 ジャパンバーガー ビーフメンチ | メニュー情報 | McDonald's Japan」より

今回もセットでいただきました。

マクドナルド「ジャパンバーガー ビーフメンチ」のセット

注文して、しばらく待って出てきたのが、こちら。

マックフライポテトのパッケージは前回同様ワールドカップ限定のものです。
公式サイトによると、全部で12種類パッケージがあるようですが、また今回も「The Maniac Football Party」でした。店によって決まってるわけじゃないはずですが、たまたま?

マクドナルド「ジャパンバーガー ビーフメンチ」のパッケージ

今回も専用パッケージです。

マクドナルド「ジャパンバーガー ビーフメンチ」のサッカーボール仕様のバンズ

前回の「ブラジルバーガー ビーフBBQ」と同じで、通称アンパンマンこと、サッカーボール仕様のバンズです。

マクドナルド「ジャパンバーガー ビーフメンチ」のアップ

ちょっと乾燥気味のパサッとしたキャベツがあふれるくらいいっぱい入っています。

この量は、公式サイトの写真より、むしろ多いのではないかと思うくらいのボリューム感です。マックジャパンの本気度が伝わってきます。

マクドナルド「ジャパンバーガー ビーフメンチ」横から見たところ

真横から見ると、こんな感じ。

公式サイトの写真ほどはないけど、結構立体感があって、いつものガッカリ感はあまりありません。

食べてみると・・・

マクドナルド「ジャパンバーガー ビーフメンチ」の断面

ガリッ!
おぉっ! メンチカツがサクサクというか、ザクザクです。

テレビ番組で、とんかつを紹介する時に揚げたてを包丁で切った時にザクッ! ザクッ!って聞こえてくることがあると思います。
一口食べるごとにあんな感じでザクザクと衣のガリッとした歯ごたえを楽しめるのです。

この歯ごたえが美味しく感じさせるのか、久しぶりにマクドナルドで美味しいと感じるハンバーガーを食べました。
ひょっとして「ジャパンバーガー」を優勝させるために、あえて「ブラジルバーガー」を残念な感じに仕上げていたのか? と思ってしまったくらいです。

キャベツのパサパサ感もいいし、ソースもそれなりに美味しいし、これは美味いかも。

「いつもマクドナルドのハンバーガーをマズいと言ってる」みたいなこと言われることもあるのですが、そんなことはないです。
今回のように本当に美味しい時は美味しいと言っています。ただ、そう感じるハンバーガーほんどないだけなのです。

ザックジャパンは残念な結果に終わりましたが、マックジャパンにはこれからも美味しいハンバーガーを作ってもらいたいと、あらためて感じた「ジャパンバーガー ビーフメンチ」でした。