品達ラーメン対決「らーめん せたが屋 vs 蒙古タンメン中本」負けたのは僕さ

Written by Cinzy

小池さんの食べてるラーメンが食べたいCinzyです。

先日、日帰りで上京してきました。

帰りの新幹線に乗る前に1時間ほど時間があったので、品川駅前の「麺達七人衆−品達ラーメン」に行ってきました。

麺達七人衆−品達ラーメン

麺達七人衆という名前でわかると思いますが、7店舗のラーメン屋さんが集まっています。

時間があれば2軒、3軒と行きたいところですが、どうなるか?

品達ラーメンの通路

あれ?
行ったのが午後7時ごろで、ちょっと時間が早かったのか、人があまりいませんでした。いつもこんな感じなのかな?

若干不安を感じつつ、選んだお店がこちら。
東京・世田谷・前島司の本格ラーメン「らーめん せたが屋」です。

らーめん せたが屋

店の前にある券売機でチケットを購入します。

基本の「ひらつけ麺」(780円)を選びました。

らーめん せたが屋「ひらつけ麺」

美味そう!

ただ、ちょっと・・・

らーめん せたが屋「ひらつけ麺」の麺

麺の量がかなり多いですね・・・

いや、すごく嬉しいことなんだけど、なんせこのあともう1軒、2軒行くつもりなので・・・

らーめん せたが屋「ひらつけ麺」のスープ

スープはつけ麺に多い魚介が効いたスープです。
沈んで見えないけど、メンマやチャーシューが入っています。

らーめん せたが屋 卓上調味料の使い方

横には「ガツン汁」「ガツンカレー」「刻み玉ネギ」が置いてあり、味を変化させることができます。
「ガツン汁」をちょっと試してみましたが、かなり魚介風味が強くなりました。

結構ボリュームありましたが、まぁ、普通に完食。

とても美味しくいただきました。

蒙古タンメン中本

次に向かったのが「蒙古タンメン中本」です。

お店の前に貼ってあるメニューを見ると、タンメンごとに辛さが違うのですね。タンメンの種類と辛さの組み合わせを自由に組み合わせるのかと思っていました。

蒙古タンメン中本のメニュー

「量」と「辛さ」の2つの面で「食べられるのか?」と不安だったのですが、とりあえず、ここでも基本の「蒙古タンメン」を選びました。

新幹線の時間まであと30分以上残っているので、時間的には問題ないでしょう。
でも、ここにきて、出てくるのを待っているうちに、ジワジワと満腹感が胃から脳に伝わり始めてきました。

ヤバい・・・ 全部食べられるかな?

蒙古タンメン中本「蒙古タンメン」

ド〜〜〜ン! と、目の前に出された時には、すっかりお腹が満腹になっていました。

一口スープを口に入れると・・・

旨い・・・ でも辛い・・・ 腹いっぱい・・・
そんな感じでした。

麺に箸をつけると、重い・・・

かなりのボリューム感です、この麺・・・

2軒のチョイスを失敗しました。
「関西では食べられないお店」ということで、この2軒を選んだのですが、どちらも麺がかなりのボリュームだったのです。

どちらか1軒でも博多のとんこつラーメンみたいな細麺で替え玉のあるラーメンだったら、おそらくここまで苦しむことはなかったでしょう。
はしごされる方はラーメンの組み合わせがとても重要です。ここホントに気をつけてください。

蒙古タンメンですが、スープ自体は辛くなく、辛いのは上に乗っている麻婆豆腐のようです。
お店のメニューでは5辛になっていましたが、辛さ的には問題なく、普通に美味しくいただけました。

問題は量でした。鼻から飛び出すのではないかと思うくらい腹一杯になりましたが、とりあえず、完食しました。

でも、もうムリ・・・

言うまでもありませんが、帰りの新幹線では何も食べられませんでした。