超うす皮餃子専門店「ぎょうざ太郎」 食べ始めると止まらなくなる美味さ! 何個でもいける!

Written by Cinzy

三度の飯より餃子が好き! Cinzyです。

今回は超うす皮餃子専門店「ぎょうざ太郎」に行ってきました。

超うす皮餃子専門店「ぎょうざ太郎」

場所はこちら。
阪和自動車道の阪南インターチェンジのすぐ近くです。

実は「ぎょうざ太郎」に行ったのは最近ではなく、去年の夏頃だったと思います。

食べに行ったものの、記事を書くにはおもしろくない、別のネタを先に紹介していうるうちにタイミングを逃したなどの理由で、ボツにしてしまうこともしばしばあります。
今回の「ぎょうざ太郎」はタイミングを逃して、そのうちスッカリ忘れてしまっていましたが、最近まだ記事を書いていないことに気づいたというわけです。

普通なら数ヶ月も前のネタはボツにしているのですが、「ぎょうざ太郎」ボツにするのはもったいないと思い、紹介することにしました。

そのようなわけで、時間が経っていますので、僕が食べた時と変わっていることもあるかもしれません。

最新情報は「ぎょうざ太郎」のオフィシャルサイト をご覧ください。
お店から湯気があがったり、スズメが飛んだりしてかわいいのですが、オールFlashです。iPhoneやiPadなどで見ると真っ白だと思いますので、画面キャプチャを載せておきます。

超うす皮餃子専門店「ぎょうざ太郎」公式サイト

メニューに「ご注文はコチラ」がありますが、注文用紙をプリントアウトして、それをFAXで送るスタイルです。オンラインでは注文できません。

また「メニュー」ページに書いてあるのですが、餃子に集中したいとのことで、ジュースやおにぎりは持ち込みOKだそうです。

そんなわけで、近所のコンビニでウーロン茶を買って、お店に行きました。
お店の看板にもしっかり「おにぎり ごはん 持ち込みOK」と書かれています。

超うす皮餃子専門店「ぎょうざ太郎」の看板

お店に入ると、15時という中途半端な時間のせいか、他にお客さんはいませんでした。これは最高のタイミングです。
お店の人はおっちゃん一人だったのですが、夜の混む時間帯も一人なのかな?

食いまくるで〜!
ということで、さっそくいろいろ注文しました。

超うす皮餃子専門店「ぎょうざ太郎」の餃子

お店のこだわりで、餃子の包み置きは一切せず、注文を受けてから包むらしいのですが、さすがに皮もパリッと最高です。

小ぶりのうす皮タイプの餃子なので、何個でも食べられます。
めちゃくちゃ美味しいし、お腹が減っていたので、やめられない、とまらないって感じで食べてしまいました。

ノーマル、チーズ、もち、しそ、みそなど味のバリエーションがあり、さらに焼きと揚げが選べました。僕は食べていませんが、水餃子もありました。

何種類も食べましたが、焼き餃子はノーマルが一番美味しく、チーズなどのトッピングタイプは揚げ餃子で食べた方が美味しく感じました。

車で行くとビールが飲めないので、餃子だけ食べることになると思います。今回のように空いている時間帯に行くと、注文するとテンポ良く餃子が出てきて、ビックリするくらい食べてしまいました。
そういった意味では、夜の混んでいる時に行って、餃子が出てくるのを待ちながら、チビチビ食べる方がよいのかも?

なかなか行く機会がありませんが、また行ってみたいと思いました。