伊丹の中華「こまめや」(COMAMEYA)の麻婆豆腐は辛さNo.1 ヒ〜〜〜!

Written by Cinzy

しびれるような辛さの麻婆豆腐が大好きなCinzyです。

今回はインターネットで「麻婆豆腐が美味しい」と評判の伊丹の中華「こまめや」(COMAMEYA)に行ってきました。
もちろん、辛くて美味しいと評判の麻婆豆腐を食べるために。

伊丹の中華「こまめや」(COMAMEYA)

場所は171号線近く伊丹市の昆陽にあります。

駐車場はお店の南隣に1台分ありますが、僕が行った時はすでに車が止まっていました。お店の北側と、南の道沿い東側の角にコインパーキングがあるので、そこに止めました。

お店の前の置いてあるメニューがこちら。
今回はランチタイムに行きました。

伊丹の中華「こまめや」(COMAMEYA)の立て看板

目指すメニュー「麻婆豆腐」は、「本日のランチ」の一つで、麻婆豆腐とサラダ、ザーサイ、スープ、白ご飯、杏仁豆腐のセットで880円(税別)です。
デザートの杏仁豆腐までついた、これだけのセットで880円(税別)とは、コストパフォーマンス高いですね!

伊丹の中華「こまめや」(COMAMEYA)のメニュー

白ご飯3杯目より100円と書いてあるので、2杯目までは無料なのかな?
ちなみに+100円でからあげを追加したり、+200円でコーヒーか紅茶も追加できるようです。
他には、麺ランチ、丼ランチがありました。

店内に入り、「麻婆豆腐」を注文すると、お茶が出てきました。

伊丹の中華「こまめや」(COMAMEYA)のお茶

なんか美味しそうな器で出てきました。いつもよく行くお店の「アサヒビール」と書かれた小さいコップの水とぜんぜん違います。

しかも、ジャスミンティー?
普通の中華料理店なら、別料金になりそうなジャスミンティーが飲めるって、これは嬉しいですね!

このあたりでお気づきだと思いますが、オシャレ感高いです。大衆中華料理店とは、真逆のタイプです。でも、ジャケットを着ていかなくてはいけないような雰囲気でもなく、普段着でも気軽に食べに行けるいい感じのお店です。

伊丹の中華「こまめや」(COMAMEYA)のサラダとザーサイ

全部一緒にトレーにでも乗って出てくるのかと思いきや、コースのようにバラバラに出てきました。
まずは、サラダとザーサイです。うん、美味い。上に乗ってるのは、餃子かワンタンの皮を揚げたものかな? パリッとして美味しい。今度、家でも試してみよう。

伊丹の中華「こまめや」(COMAMEYA)の麻婆豆腐と白ご飯とスープ

そして、メインの麻婆豆腐と、スープ、白ご飯の登場です。

食べてみると・・・

伊丹の中華「こまめや」(COMAMEYA)の麻婆豆腐

麻婆豆腐は好きで、いろんなところで食べてきましたが、この麻婆豆腐が一番辛く感じました。食べていると、汗が止まらないほどの辛さです。

麻婆豆腐には、山椒の痺れるような「麻」の辛味と、唐辛子の「辣」の辛味がありますが、「こまめや」の麻婆豆腐は唐辛子の辛さが強く感じました。僕はどちらかというと、痺れるような山椒の辛さが好きなのと、あんかけっぽいとろみがちょっと気になりました。
そんなわけで、美味しいけど、僕の好みの味とは少し違いました。

麻婆豆腐の後からスープを飲んだのですが、もう口の中が辛さいっぱいで、味がよくわかりませんでした。たぶん酸味の強いすっぱいスープだと思ったのですが、自信がないです。

伊丹の中華「こまめや」(COMAMEYA)の杏仁豆腐

最後に杏仁豆腐が出てきました。
たぶん甘みが少なめで、サッパリとした味ではないかと思います。自信ない・・・
麻婆豆腐でホットになった口の中に優しい味でした。

ちなみに、本当に辛い麻婆豆腐を食べた翌日は、トイレに入るとお尻が熱く感じます。ヒリヒリというより、カーーーーーッ!って感じに。滅多にならないのですが、さすが一番辛い麻婆豆腐です。しっかりホットになりました。

2015年5月25日 追記
天津飯を食べてきました。
伊丹の中華「こまめや」の天津飯は、あんかけたっぷりでやさしい味だった...