香港旅行2014 #7 もう一度食べたい「義順牛奶公司」の「馳名雙皮燉奶」(牛乳プリン)

Written by Cinzy

香港旅行2014の第7弾は「義順牛奶公司」(Yee Shun Milk Company)の「馳名雙皮燉奶」(牛乳プリン)です。

ブルース・リー像

これが「義順牛奶公司」(Yee Shun Milk Company)です。

義順牛奶公司(Yee Shun Milk Company)

場所はこちら。たぶん。

僕は牛乳プリンが好きなので、普段あまり脚光を浴びる機会の少ない牛乳プリンがメインのお店ということで、期待して行ってきました。

「義順牛奶公司」(Yee Shun Milk Company)のロゴマーク

この看板のロゴマーク、店内のいろんなところに使われているのですが、味わいがあっていいですね。

「義順牛奶公司」(Yee Shun Milk Company)のショーウィンドウに並ぶ「馳名雙皮燉奶」(牛乳プリン)

店の外から見えるたくさんの牛乳プリン。
う〜ん、全部食べてしまいたい!

百年老號 蓋汁燉奶

店内に入ると、漢字の案内。
「創業以来100年、この牛乳のフタ」的なことが書いてあるのかな?

「義順牛奶公司」(Yee Shun Milk Company)のメニュー

メニューもサッパリわかりません。
1は「牛肉骨粉」? 「鶏の羽の唐揚げ粉」?
2は「蛋撻」がエッグタルトで「蛋」が玉子だったと思うので、何かの肉と玉子料理? ハムエッグか?
3は「コーヒーあるいは紅茶」か?

馳名雙皮燉奶(牛乳プリン)

こちらが「馳名雙皮燉奶」(牛乳プリン)です。
ちょっと大きめのお茶碗に並々と入っていて、レンゲで食べるスタイルです。

HK$29。約402円。
香港での他の食事と比べると、ちょっと高めに感じます。

「義順牛奶公司」(Yee Shun Milk Company)の「馳名雙皮燉奶」(牛乳プリン)

かた過ぎず、やわらか過ぎず、フルフルで絶妙な食感です。
もちろんフルフルと言っても、電気をビリビリするモンスターとは違います。
ちょうどいい最高のやわらかさなのです。

そして、甘すぎず、ミルク感いっぱいのコク旨。
最高や〜〜〜!

最初、出された時、こんなに食べられるかな? と思ったのですが、いくらでも食べられます。むしろもっと食べたい。おかわりしたい。丼サイズで食べたい。

今回の香港旅行で一番美味しいと感じた「馳名雙皮燉奶」でした。

馳名雙皮燉奶とは?

店を出てから、入り口の横に貼ってあるのに気づきました。
しっかり日本語のメニューあるやん!

馳名雙皮燉奶 $29.00
看板メニューの牛乳プリン。雙皮(ション・ペイ)は皮が2枚という意味ですが、このようにプリンの表面には皮が張っています。

どうして「馳名雙皮燉奶」こんな難しい名前になるのか、不思議でした。牛乳プリンなら「牛奶婦倫」みたいな字でよさそうなのにと思っていたら、こんな意味があったのですね。

写真ではわかりにくいと思いますが、確かに上に膜が張っていました。

というわけで、期待以上、大満足の「義順牛奶公司」の「馳名雙皮燉奶」(牛乳プリン)でした。

あぁ、日本で食べられるところないかなぁ・・・
また食べたい・・・

香港旅行2014

  1. 「ポーク or フィッシュ?」キャセイパシフィック航空の機内食
  2. 甘くてサクサクの朝食! 澳門茶餐廳(マカオレストラン)の「奶油豬仔包」
  3. 甘くて塩っぱい! 瑞華餐廳の「脆皮菠蘿油」(パイナップルパン)
  4. 一度は食べなきゃ「許留山」(Hui Lau Shan)の「多芒小丸子」
  5. 香港 VS マカオ「蛋撻 VS 葡撻」(エッグタルト)食べくらべ
  6. 「啡走」(練乳入りコーヒー)はよく混ぜながら飲むべし
  7. もう一度食べたい「義順牛奶公司」の「馳名雙皮燉奶」(牛乳プリン)
  8. シメのラーメンに、佳記餐廳の「櫻花豬柳公仔麺」?
  9. 日本未発売の「STARBUCKS Frappuccino Mocha」はチョコ甘い!
  10. フルーティーなレッドブル?「Red Bull Fruit Drinks」
  11. まとめ 〜火鍋、飲茶、椰汁大王、雪糕車もあるよ〜