「ダイナー ダブルビーフ」を食べて、LINEのスタンプをもらおう!

Written by Cinzy

ハンバーガーを食べ過ぎて、すっかりハンバーガーがキライになったCinzyです。

というわけで、久しぶりにマクドナルドに行ってきました。

今回食べたのは、新作の「アメリカンヴィンテージ」の第1弾「ダイナー ダブルビーフ」と「クラシックフライ with チーズ」です。
ちなみに第1弾は1950年代がコンセプトらしく、「アメリカンダイナー」をイメージしているらしいのですが、どのあたりが「アメリカンダイナー」っぽいのかよくわかりません。

「アメリカンヴィンテージ」第1弾は1950年代の「アメリカンダイナー」がコンセプト

今回食べなかったけど、もう一つ「ダイナー ハニーマスタード」も新作です。
気が向いたら、また食べるかもしれないけど、とりあえず今回はパスしました。

CMも1950年代のイメージになっています(?)が、店内のゴミ箱もジュークボックス風になっていました。
第2弾、第3弾でまた貼り替えるのか、ちょっと雑で安っぽい感はありますが、まぁまぁ・・・

店内のゴミ箱もジュークボックス風になっていました

「ダイナー ダブルビーフ」は、マクドナルドの中では比較的大きい方のサイズだと思うのですが、「クラシックフライ with チーズ」はさらに大きいサイズの箱に入っています。

「ダイナー ダブルビーフ」と「クラシックフライ with チーズ」

2つをトレイに乗せると、結構なボリューム感があります。
残さずに食べられるかな? と、少し不安に・・・

「アメリカンヴィンテージ」の第1弾「ダイナー ダブルビーフ」の箱

箱の上面はもちろん、箱の横に載っている具の一覧も英語になっています。

否が応でもダイナー気分が盛り上がります。たぶん・・・

「アメリカンヴィンテージ」の第1弾「ダイナー ダブルビーフ」

比較的、写真と実物のギャップは少ない方ではないでしょうか?

公式サイトの説明がこちらです。

粗挽きのブラックペッパーとローストガーリックにリンゴ果汁とレーズンで甘味を加え、ワインで香りつけしたシカゴスタイルのステーキソースにマッシュポテトをソースにして合わせたアメリカンダイナーのプレートメニューをイメージしたハンバーガーです。
2種類のソースではさんだ2枚の100%ビーフパティをほおばると、本場のステーキプレートを楽しんでいるようなイメージがうかんできます。クラシカルなバンズを再現するために全粒粉を配合し、手作り感が出るようにこだわりました。

ダイナー ダブルビーフ | メニュー情報 | McDonald's Japan」より

食べてみたら、だいたい想像通りでした。
特別美味くもなく、玉ねぎがちょっと目立つくらいで、特筆すべきことはありません。

ステーキソースについても、いろいろこだわって作られたみたいに書かれていますが、ローストガーリックやリンゴ果汁、レーズン、ワインはどこにいった? と思ってしまったくらい「胡椒が利いていてスパイシー」としか言いようのない味です。

そもそもパティ、チーズ、玉子というマクドナルドの他のメニューにもよくあるごく普通の具で、ステーキソース、マッシュポテトソースの2種類のソースだけで、特徴をつけようとしてるので、どうしてもソースしか印象に残りません。

気を取り直して、次は「クラシックフライ with チーズ」です。

「クラシックフライ with チーズ」の箱

ポテトの他に「ベーコンフレーバートッピング」と「チーズソース」が付属されていました。

フタを開けてみると・・・

「クラシックフライ with チーズ」の箱を開けると「マックフライポテト」

いつも通りの「マックフライポテト」ですね・・・

ここに温めたチーズをしぼってかけます。
コンビニのフランクフルトなどについているケチャップの入った容器、あれと同じタイプのものにチーズが入っています。

容器をパチンと2つ折りにして、絞り出すと・・・

「クラシックフライ with チーズ」にチーズソースをかける

よく言えば、麺のよう。
悪く言えば、ちょっとグロく感じなくもない?

「クラシックフライ with チーズ」にベーコンフレーバートッピングをかける

ここにベーコンをふりかけます。

ん?
ベーコンではなく、「ベーコンフレーバートッピング」?
原材料名を見ると、確かに入っているのは「ポークエキス」だけで、ベーコンではありません。

「クラシックフライ with チーズ」の「ベーコンフレーバートッピング」の原材料名

でも、見た目はグロさが一気になくなり、なんとなく美味しそうに見えるようになりました。
「ベーコンフレーバートッピング」は偉大です。バカにできません。

で、公式サイトの説明がこちらです。

アメリカのスタンドやスタジアムにあるCheese Fryをイメージした商品です。揚げたてのマックフライポテトに温めたチーズソースとカリカリの食感と食欲をそそる香ばしいベーコンフレーバートッピングをかけてお召し上がりいただきます。
チーズソースはナチュラルチェダーチーズを原料にした本格的な味わいになっています。いつも食べているマックフライポテトの新しい味と食べ方を体験してみてください。

クラシックフライ チーズ | メニュー情報 | McDonald's Japan」より

う〜ん、やっぱり「チージーフライ」をイメージしているけど、「チージーフライ」ではないと思いました。

これはバーガーキングの「BK チージーフライ」なのですが・・・

バーガーキングの「BK チージーフライ」

これなんかは、ホンモノの肉とチーズを感じるのですが、「クラシックフライ with チーズ」はいつもの「マックフライポテト」にチーズ風味のソースとカリカリ食感の何かが加わった感じ。そのまんまなのです。

「ダイナー ダブルビーフ」と「クラシックフライ with チーズ」どちらもまた食べたいか? と聞かれると、う〜〜〜ん、「マックダブル」と「マックフライポテト」でいいのでは? と答えてしまうかも。

でも、一度は食べておいても損はないと思うし、今なら「LINE」のスタンプも貰えるので、ぜひぜひ。

マクドナルドの「LINE」スタンプ

えっ? スタンプもいらない?
・・・