これぞ、枯れた技術の水平思考! 後がけサクサク「スターバックス カスタードプリン」

Written by Cinzy

なめらかプリンや、とろけるプリンより、焼きプリンが好きなCinzyです。

今回は「スターバックス カスタードプリン」です。

スタバではフードコーナーの奥の地味な存在で、あまり食べる機会の少ないのですが、5年前に食べた「定番化希望!スターバックスの「焼きプリン」」と比べて美味しくなっているのでしょうか?

スターバックス「カスタードプリン」の箱

紙の箱に入っています。

出してみると・・・

スターバックス「カスタードプリン」カラメルソースの小袋

何やら銀色の袋が・・・

なめらかでコクのある贅沢な味わいのプリン

卵・牛乳・生クリーム・砂糖で焼き上げたシンプルなカスタードプリンに、ビターなカラメルソースを合わせました。
別添のカラメルチップをかけると、カリカリとしたシュガーの食感とほろ苦さがプラスされた大人な味わいをお楽しみいただけます。

スターバックス カスタードプリン | スターバックス コーヒー」より

ビターなカラメルソースのようです。

スターバックス「カスタードプリン」

フタを開けると、焦げ目のついたプリンが登場!

おいしそうですね!

スターバックス「カスタードプリン」にカラメルソースをふりかける

!!!
カラメルソースって、ドロ〜っとしたシロップみたいな液体かと思いきや、顆粒なんですね。

さっそくいただきます!

スターバックス「カスタードプリン」の断面

プリンはわりとやわらかタイプ。
そして上にふりかけた「カラメルソース」がシャリシャリとして、まるでクレームブリュレみたいな食感になっています。

これは美味い!
ただ顆粒のカラメルソースがふりかけてあるだけなのに、口の中に入ると、焦がして飴状になった砂糖をパリパリと砕いているような歯ごたえに感じるのです。

この後がけサクサク方式を考えた人はスゴい!
きっとスタバ界にも横井軍平チルドレンがいるのでしょう。

今度こそ、定番化希望!