セイカ食品「元祖鹿児島 南国白くま」バーを食べてみたら・・・えっ?

Written by Cinzy

ミルク金時が大好きなCinzyです。

もうすぐ夏。
というわけで・・・

夏といえば、かき氷。
かき氷といえば、しろくま。

これです。

セイカ食品の「元祖鹿児島 南国白くま」の袋

「しろくま」って何?って人のために、公式サイトの説明がこちら。

かき氷の練乳かけにフルーツがいっぱい入った、鹿児島県民にとってはなつかしい味の「氷白熊」。
氷白熊が出来たのは、昭和7・8年。鹿児島市の西田本通りにあった綿屋さんが、夏の副業としてかき氷屋を営んでおり、そこの新メニューとして登場したそうです。
氷白熊の名前は、かき氷にかけた練乳の缶に白熊印のレッテルが貼ってあったのをそのままもらったのだそうです。この氷白熊は大変評判になり、やがて鹿児島市内中の店がこれを出すようになったということです。
セイカ食品では昭和40年代後半より、これらを参考に工場生産のカップものに仕上げ南九州で販売し、大ヒット致しました。以来製品改良を繰り返し、現在の味にいたっております。

セイカ食品株式会社:南国白くま」より

本場で食べたことはないのですが、夏になるとコンビニやスーパーで売られているカップに入った「しろくま」を食べるのを楽しみにしています。

今回はバータイプが売られていたので、食べてみると似しました。

中身はこんな感じです。

セイカ食品の「元祖鹿児島 南国白くま」

パイン、みかん、黄桃、あずきが入っているのですが、上にチョロって乗っているカップタイプのものと違い、結構たっぷりと全体的に入っているようです。

で、食べてみると・・・

えっ?
かき氷じゃない?

ガリガリ君」みたいなクラッシュアイスの入ったタイプのアイスキャンディーだと思っていたのですが、ミルク味のアイスキャンディーにフルーツが入っていました。

いや、マズくはないんだけど、かき氷じゃない「しろくま」ってどうよ?
って思ってしまいました。