「ボンハンバーガー」の全メニュー制覇(ただしエビバーガー抜き)企画スタート!

Written by Cinzy

宗教上の理由でエビが食べられないCinzyです。(ウソ)

更新するネタがなくなってきたので、新しい企画に挑戦してみたいと思います。

5年前に「大阪のご当地ハンバーガー、ボンハンバーガーの「ベーコンバーガー」」で紹介しました大阪のご当地バーガー「ボンハンバーガー」の全メニュー制覇です。

ボンハンバーガーについてはこちら・・・
と、いつものように公式サイトのリンクを載せようと思ったのですが、公式サイトがありませんでした・・・

しょうがないので、食べログを。
ボンハンバーガー - 針中野/ハンバーガー [食べログ]

今時、公式サイトのないハンバーガー屋があるのか?
と普通は思うでしょうが、それが「ボンハンバーガー」なのです。

いろんな雑誌にも取り上げられているのですが、同じように多くのブログでも取り上げられていますので、いくつか引用します。

まずは店内の紹介から・・・

デパートの屋上の売店の様な空気感

店内は正にそれ。

デパートの屋上。

【終わりが始まりの壱日】  【ボンハンバーガー】(始まりのランチ@大阪)」より

なんとなく伝わったでしょうか?

そして注文となるわけですが・・・

「ぇらっしゃい! 兄ちゃんはじめてか?」
威勢のいいマスターが迎えてくれました。

とりあえず看板メニューのボンバーガー¥270を注文しようとすると、
「セットのほうがお得やで」と
ボンバーガーとハンバーガーとポテトとジュースがつくという
スペシャルセットに変更。
ハンバーガー2個って、食べられるのかなと
少し心配...。

65食め「ボンハンバーガー」のボンバーガー - 【西日本ハンバーガー協会(NHK)公式ブログ】究極のハンバーガーを作ろう!in関西」より

こんなやりとりがあってようやく注文、 『じゃあWバーガーのセット下さい』 って言いましてん、ほんならおっちゃんまたまたフレンドリーな感じで 『やめときぃ、食べにくいで(笑)』 やて!

さすがに 『かまへんねん、Wバーガーのセットちょうだい』って言うたんやけど、『ほんまに食べにくいでぇ、ほんまにええの?ほんまに?』
その瞬間ポキッて音がしましてん、何の音やろなぁ?と思ったらなんのこっちゃない、自分の心が折れてましたわ。

『じゃあ、おっちゃんに任すわ』って言うたらニコニコしながら 『それじゃ初めてやしボンバーガーにしとき、間違いないから』 やて・・・・・その後食べてみたらパンはふかふかやしソースはなかなか旨くて、おっちゃんの言うてた通り確かに間違いなかったんやけど・・・なんか負けた気がしてしゃあない・・・それにしても少年の心を持ってるのかぶっ飛んでるのかかなり際どい、おっちゃん恐るべし・・・・って感じの初訪問やったんですわ。

ボンバーガーのおっちゃんオモロ過ぎ! :天下無双 B級グルメ戦国絵巻~ マジで?」より

初心者にもやさしいので、的確なアドバイスをしてくれる時もあります。

そして、いざ食べ始めると・・・

『そんな撮り方じゃあ、あかんな』
(かなんナア、そんな「突っ込み」入れられたん私のブログ人生初めてや。
いきなり「テンション」下がったがな)

『このソース、変わってますねえ、なに使ってますの』
『内緒やなあ......企業秘密』
『強いて言えばタマネギ』
(まあ、それは私でも解りますわ、今しがた食べたばかりやし)

大阪市東住吉区湯里「ボンハンバーガー」 - タカシのB級グルメ日記」より

(ブログ用?の)写真の撮り方についても、アドバイスをもらえることもあるようです。

店員一人なのにヒマなんかい? って思う人もいるでしょう。
こんなこともあるようです。

『なんにする?』

うーん

マクドナルドなら調査員が来ていたら一発でアウトだろうなという感じです

こんなのは序の口で、聞いた話ですが
昼に行ってみたら大将が客席で寝ていた
なんてのもザラらしいですから
海原雄山先生やみ○もんたあたりが見たら怒鳴り散らすか説教を始めるんじゃないのか ^^;

大阪ミステリーゾーン その2 : ボンハンバーガー [食べログ]」より

でもいつもヒマってわけではなさそうです。

客は入れ替わり入ってきます。おっちゃんいわく120人位来ることもあるとのこと。
何人か客が並ぶと、注文を覚えきれないのか?「今作ってる注文が終わるまで待っといて~」ってな感じでおっちゃんのマイペースな時間で流れていきます。

<ハンバーガー>ボンハンバーガー:グルペットクライマーの自転車記録Ⅱ:So-netブログ」より

だいたいの雰囲気は、わかっていただけましたでしょうか?

もしこれを読んでお店に行ったとした場合、店に入った時の会話を再現すると・・・
「いらっしゃ~い!」
「・・・」
「兄ちゃん、(ボンハンバーガーに来るのは)初めて?」

普通のハンバーガー屋さんの枠を超えたハンバーガー屋。
そのヒミツはおっちゃんにあります。
おっちゃんはフランチャイズをやっているようなのですが、同じ店を作って、まったく同じレシピでハンバーガーを作ってもボンハンバーガーにはなりません。
それは名物のおっちゃんがいないからです。
おっちゃんはそのことに気づいていません。

ボンハンバーガーが他のハンバーガーと違うところ。
それは、おっちゃん自身なのです。

そんなわけで、まずは全メニューを紹介します。

ボンハンバーガーの単品メニュー

ハンバーガー

ホットサンド

サイドメニュー

ドリンク

クリーム

全33品
合計金額8,860円

えっ? 1個少ない?
バレましたか・・・
実はエビが苦手なので、「エビバーガー」だけ抜いています。

もちろん一度に全部食べるわけではありません。
少しずつ食べていきます。
はたしていつ終わるのか?

というわけで近々スタートします。

ちなみに今回の「全メニュー制覇」の対象にはなりませんが、セットメニューはこちら

ボンハンバーガーのセットメニュー

ハンバーガー2個とドリンクのセット「ハンバーガー2個セット」や、ハンバーガー2個とポテト(またはナゲット)のセット「スペシャルセット」のガッツリ系メニューは、他のハンバーガー屋では見かけないのではないでしょうか?

※ 2014年5月6日 更新
「「ボンハンバーガー」の全メニュー制覇(ただしエビバーガー抜き)企画」は、2014年5月6日にシーズン2で再始動しました。
今後、このページ(シーズン1)は更新されません。
詳細は「「ボンハンバーガー」の全メニュー制覇(ただしエビバーガー抜き)企画 シーズン2、再始動!」をご覧ください。