最近食べたバーガーの中でベスト3! マクドナルドの100円バーガー「チキンクリスプ」

Written by Cinzy

からチキンクリスプが発売されたので、さっそく食べてきました。

チキンクリスプについては、こちら。

チキンクリスプ

あの¥100マックに新ラインナップが続々と登場。サクサクとした軽やかな衣の歯ごたえと香ばしさがクセになる新メニュー「チキンクリスプ」。
クリスピーな食感のチキンパティにスライスレタスをのせて、少しピリッとくるマヨタイプのイエローマスタードソースが絶妙なアクセントとなって、誰もが親しめるシンプルな味わいに仕上がっています。

「チキンクリスプ」公式サイトの写真 チキンクリスプ | メニュー情報 | McDonald's Japan」より

しかし、このチキンクリスプの一番の特徴はサクサクとした歯ごたえでもなく、ピリッとくるイエローマスタードソースでもなく、値段が100円ということでしょう。

元々詐欺級の写真が多いマクドナルド、これが100円のハンバーガーとなった時、どこまでのガッカリ感を提供してくれるのか?
とくと拝見しよう。

まずは袋に入った状態から。

「チキンクリスプ」の袋

さすがにちょっと小ぶりですね。
でも100円なので、文句は言えません。

いよいよ、生チキンクリスプと感動の対面です。

チキンクリスプ

こ、こ、これは薄い・・・
横にはみ出しているチキンがなければ、具がないパンズを2枚重ねただけか?
と勘違いしてしまいそうなくらいの薄さです。

公式サイトの写真は、まだかろうじてハンバーガーっぽさがありましたが、これは想像以上。
さすがマクドナルド。

ちなみに中はどうなってるの?
とめくってみると・・・

チキンクリスプの中身

・・・
見るんじゃなかったという寂しさが漂っています。

気をとりなおして、食べてみることに・・・

・・・!

こ、こ、これは、100 円とは思えない美味さ!

と、期待したのですが、やはりマクドナルド。
いつも僕たちの期待を裏切らず、いや、期待以上のガッカリ感を今日も提供してくれました。

サクッとした歯ごたえはあります。
何の肉かわからないけど、ほとんど無味無臭の控え目で存在感のない肉らしきモノが中に入っています。

食べていると、自分は何を食っているのだろう?
何のために僕たちは毎日いろんなものを食べるのだろう?
そんなことを考えさせられます。

食について考える機会を与えてくれる。
これもマクドナルドの食育なのでしょう。

そこまで僕たちの健康を考えてくれているマクドナルド。
こんなところが子どもたちの心をガッチリ鷲掴みにしているのに違いありません。

大切なもの、大切な子どもたちに。
マクドナルドが、つづけていること。

ありがとう! マクドナルド。

今回はチキンクリスプとポテトMとドリンクMのセット480円を食べました。

食べてる時に気づいたのですが、もう20円足して500円で、てりやきマックバーガー、ジューシーチキンフィレオ、ダブルチーズバーガー、フィレオフィッシュのセットにできるなら、こっちの方が256倍幸せになれるかも。

500円バリューセット

最近食べたハンバーガーの中でベスト3に入るくらいの味でした。
ひょっとしたら、Nochの「塩バーガー」と いい勝負かも?