痛恨! 加西市のご当地ハンバーガー「加西へらへとバーガー」

Written by Cinzy

加西サービスエリアシリーズもこれが最後のCinzyです。

先日の「加西SA(下り線)で加古川名物「ビフかつめし」をガッツリ」でかつめしを 食べた後で、「加西SA限定「姫路アーモンドバター」ソフトクリームは後がけサクサク」でアーモンドバターソフトクリームを食べ、腹ごなしに加西サービスエリアをウロウロと歩いていたら・・・

復刻堂商店

近代的なサービスエリアに似つかわしい懐かしい風景が目に入ってきました。
復刻堂商店 ?

復刻堂シリーズ専用自販機

DyDoの「復刻堂」シリーズの自販機が並んでいました。
で、横にまわってみると・・・

横から見た復刻堂商店

薄っ!

なんてウロウロしていると・・・

三田屋コロッケ

そういや、コロッケ売ってたな〜って歩いていると・・・
ん?!

加西市のご当地ハンバーガー「加西へらへとバーガー」

加西へらへとバーガー?

しまった!
見逃していた・・・

食べようかと思ったけど、ガッツリとかつめしを食べて、さらその後でアーモンドバターソフトクリームも食べたので、食べられませんでした。

調べてみると、さらに驚愕の事実が・・・

加西へらへとバーガー 580円

加西市観光まちづくり協会が2010年9月に実施した「加西ご当地バーガー選手権」で優秀賞になった3作品をもとに加西SA上下線の料理長がアレンジと試作を繰り返し 加西の特産品がぎゅぎゅーっと盛り込まれたハンバーガーその名も「加西へらへとバーガー」が誕生しました。
販売は11時~14時

中国自動車道(下り) 加西(かさい)サービスエリア(下り線)|西日本高速道路サービス・ホールディングス株式会社」より

販売は11時~14時!
なんと1日のうち3時間しか販売されていないのです。
しかも今回はその時間帯だったので、食べることができる貴重なチャンスだったのに、逃してしまいました。

で、「へらへと」って何?
このあたりで捕られる魚か何か?
と思って調べてみると・・・

「加西へらへとバーガー」のこだわりはこちら
●バンズ
加西お米で作った米粉バンズ、中に入っている菜種油も上に乗った胡麻も加西産
●パティ
加西で加工した飼料で育てたブランド霜降り豚「ひょうご雪姫ポーク」100%ハンバーグ
●ソース
加西が誇る特産ぶどう「ゴールデンベリーA」のワインとジュースを煮詰めて作った特製甘辛ソース 隠し味は加西の特産「ハリマ王にんにく」
●野菜
加西市内で完全無農薬水耕栽培されたサンチュ
●さらに
加西産の紫黒米で作った薄型おにぎりと加西産の干しぶどうとオニオンを使った料理長特製ピクルス

加西の魅力が「へらへと」←(兵庫県播磨地方の方言でたくさん、いっぱいの意味)つまったご当地バーガーです。

中国自動車道(下り) 加西(かさい)サービスエリア(下り線)|西日本高速道路サービス・ホールディングス株式会社」より

ポーク100%のパティに、ワインとジュースを煮詰めて作った甘辛ソースと薄型おにぎりと干しぶどう?
ちょっと想像できない味です。
まさに「へらへと」ですね。

これはまた機会があれば、食べてきたいと思います。

関連記事