加西SA限定「姫路アーモンドバター」ソフトクリームは後がけサクサク

Written by Cinzy

加西SA(下り線)で加古川名物「ビフかつめし」をガッツリ」で報告しましたが、中国自動車道の加西サービスエリア(下り線)に行く機会があったので、加西SA限定「姫路アーモンドバター」ソフトクリームを食べてきました。

加西SA限定「姫路アーモンドバター」ソフトクリーム 350円

かつめしを食べた後、ちょっと時間があったので、ウロウロしていた時、このポスターを見つけました。

旅行すると、いつもその地のソフトクリームを食べるのですが、姫路のご当地ソフトにふさわしい「アーモンドバター」のソフトクリームです。

テレビでも取り上げられたりしているので、アーモンドバターのことはご存じの方も多いと思います。
姫路市の喫茶店には自家製のアーモンドバターを塗って焼き上げたトースト「アーモンドトースト」がメニューにあるそうです。
姫路で食べたことはありませんが、最近は近所のスーパーでもたまにアーモンドバターが売られていることがあるので、家でアーモンドトーストを作って食べています。

姫路名物アーモンドトースト

ほんのり甘いバターの中にちょっと焦げ目のついたアーモンドのツブツブが香ばしく、とても美味しいのです。

これがソフトクリームになっているとなれば食べるしかない。

注文し、350円はちょっと高いなと思いながら待っていると、ソフトクリームマシンから出てきたのは、カフェオレソフトみたいなベージュのソフトクリーム・・・
アーモンドのツブツブないがな・・・
と思っていると、後からアーモンドのツブツブをかけてくれました。

アーモンドは後がけサクサク方式

サクサク感を大切にするために後がけサクサク方式にしているのか、混ぜ込むことができないのかはわかりませんが、後者のような気がします。
アイスクリームはナッツやチョコチップ、レーズンなど異物の混入しているものが多いのですが、ソフトクリームでは見たことがないように思います。
そういえば、小豆島で食べた佃煮ソフトクリームも佃煮は横に乗っていました。
ソフトクリームマシンでは中に固形物を入れることができないのかな?

味は結構、アーモンドバターの味を再現できていました。
アーモンドバター風味のソフトクリームに小粒だけどツブツブの食感が加わって、普通のソフトクリームよりちょっと豪華な感じがしました。これなら350円も納得?

西日本高速道路サービス・ホールディングスさんがこのページを見ることはないと思いますが、もし見たら、提案。
ちょっと厚めのトーストにアーモンドバターソフトクリームを載せて売りなはれ。
アツアツのトーストと、ひんやり冷たいソフトクリームがあわさって、そこにツブツブ乗せて食べたら、これは最高ですわ!
皿に乗せて出したら、600円、いや、650円でどないや?
もっと銭もうけできまっせ!
そらもう、ウハウハですわ!

というわけで、これは、また行く機会があれば、食べたいと思います。

by カエレバ

関連記事