加西SA(下り線)で加古川名物「ビフかつめし」をガッツリ

Written by Cinzy

先日、中国自動車道の加西サービスエリア(加西SA)に行く機会がありました。
上り線と下り線と両方にあるのですが、今回行ったのは西行きの「下り線」のサービスエリアです。

加西SA(かさいサービスエリア)下り線

場所はこのあたり。
加古川の北にあります。

というわけで、今回食べたのは、加古川名物「ビフかつめし」です。

ビフかつめしとみそ汁と漬け物。箸とスプーンが用意されていました。

ビフかつめしとみそ汁と漬け物がセットになっていました。
なぜか箸とスプーンが用意されていました。

ご存じの方も多いと思いますが、かつめしとは・・・

かつめしは、皿に盛ったご飯の上にビフカツ(または豚カツ)をのせ、たれ(主にドミグラスソースをベースとしたもの)をかけ、ゆでたキャベツを添えた料理。兵庫県加古川市の郷土料理・ご当地グルメである。かつめしの呼称が定着しているが、カツライスの呼称もある。

かつめし - Wikipedia」より

実は、かつめしを食べるのは初めてではありませんが、本場加古川では食べたことがありません。
前に食べたのは、確か神戸だったはずです。

「伊勢うどん」もこのパターンでした。
サービスエリアやおみやげでは食べたことがあるけど、本場では食べたことがない。
この状態の時に「伊勢うどん」について聞かれると、困るのです。
一応、食べたことがあると言えば食べたことがあるけど、堂々と食べたとは答えにくい。
去年の夏、伊勢で「伊勢うどん」を食べるまでは「食べたことがある」と言いにくかったように、「かつめし」も食べたことがあるとはビミョーに言いにくい状況であったりします。

加古川名物ビフかつめし

本場で食べたことないので、この加西サービスエリアの「ビフかつめし」がどれくらい本場の味を再現しているのかはわかりません。
だから今回はこの「ビフかつめし」だけに対する評価となります。

ごはんの上に生の千切りキャベツが乗り、その上にビフカツが乗っています。ドミグラスソースはやや控えめにかかっていました。
量は結構ボリューミーで、ガッツリでした。
味は、そのまんま、想像した通りの味でした。わかりやすく言うと、「ビフカツ定食」のビフカツとごはんとサラダを一緒に食べたような味です。

雰囲気は、ポーク+とんかつソースの「ソースカツ丼」に近いと言えば近いのですが、「ソースカツ丼」が和食っぽいのに対して、「かつめし」はビーフ+ドミグラスソースで、洋食の味なのです。
やっぱり「ソースカツ丼」とは違って、「かつめし」は「かつめし」なのです。

美味いかどうか?と聞かれると、年に2、3回食べたい味。かな?

なかなか加古川に行く機会がないので、実現は難しいのですが、いつか本場の加古川にかつめしを食べに行きたいと思います。

関連記事