アボカド嫌いでもおいしくいただけるBig America「ビバリーヒルズバーガー」

Written by Cinzy

マクドナルドの「Big America」シリーズ第3弾もいよいよ最後になりました。
「グランドキャニオンバーガー」「ラスベガスバーガー」「ブロードウェイバーガー」「ビバリーヒルズバーガー」の4番目「ビバリーヒルズバーガー」を食べてきました。
実はこれ発売日に食べてきたのですが、書く時間がなく、すっかり遅くなってしまいました。

20120319-beverlyhills1.jpg

紙の包み方が逆?
スティーブ・ジョブズなら、こんなハンバーガーを出すな!
紙の長さを調整して、すべてのハンバーガーの包みを揃えろ!
誤差? 1mmだってずれてはいけない。それができないヤツは今すぐ我々をマシンガンで殺せ!
と言ったのではないかと思うくらい、この紙の包み方はなんか気持ち悪い。

というわけで、公式サイトの説明です。

アボカドと、コクのあるシーザーソースの陽気な出会いが楽しめる「ビバリーヒルズバーガー」。ビバリーヒルズがあるカリフォルニア発祥の「シーザーサラダ」をコンセプトに開発しました。
ジューシーなビーフを、レタスとオニオンが引き立てる爽やかなおいしさが特徴です。セレブが暮らす憧れの高級住宅街のイメージを、マクドナルド商品としては初めて使用するアボカドソースと、濃厚なシーザーサラダソースで表現した一品です。

20120319-beverlyhills2.jpg BigAmerica おいしさのヒミツ」より

セレブが暮らす憧れの高級住宅街「ビバリーヒルズ」のイメージを、アボカドソースとシーザーサラダソースで表現しているそうです。

マクドナルドでセレブが暮らす高級住宅街を表現? ハァ? マクドナルドという時点でぜんぜんセレブじゃねぇよ! もっと他の街はなかったのか? と思われる方も多いと思いますが、気にしないようにしましょう。
きっとセレブはこんなハンバーガーを食べているはずです。うんうん。

20120319-beverlyhills3.jpg

・・・
今回も見た目はいい感じの残念感です。

味?
実はアボカドがあまり好きでないので、食べる前はどれくらいアボカドっぽさが前面に出ているのかが気になっていました。
しかし、さすがマクドナルドでした。
そんな心配は杞憂に終わりました。

素材の味を殺しているというか、見事に消し去っているのです。
これならアボカドの嫌いな人にも美味しく食べられるはずです。
一般的なアボカドバーガーって、アボカドそのものが中に入っていると思うのですが、そこは我らがマクドナルド。
アボカドではなく、アボカドソースを採用することにより、アボカド味ではなく、アボカド風味、アボカド風のテイストを演出する見事なマクドナルドマジックでセレブの味を再現していました。

20120319-beverlyhills4.jpg

久しぶりに「チキンマックナゲット」のソース「スイート&サワーソース」が復活していたので、食べてきました。
初めて食べた時は美味しくないと思ったのですが、今食べるとそれほど不味いとは思いませんでした。
でも「スパイシーバッファローソース」も美味しいとは思えなかったし、やっぱりなんだかんだ言っても「バーベキューソース」を選んでしまいます。

そんなわけで、これで「Big America」シリーズ第3弾もいよいよ終了。
来年、第4弾でまたお会いしましょう!