Big America「グランドキャニオンバーガー」にマクドナルドの本気を見た

Written by Cinzy

マクドナルドの「Big America」シリーズ第3弾「グランドキャニオンバーガー」「ラスベガスバーガー」「ブロードウェイバーガー」「ビバリーヒルズバーガー」の4種類が2012年1月4日から発売されますが、六本木ヒルズ店と御堂筋周防町店では12月15日から先行販売されると聞き、さっそく御堂筋周防町店に食べに行ってきました。

「Big America」シリーズは、通常の2.5倍の1/4ポンド(クォーターパウンド)ビーフパティを使ったハンバーガーで、2010年1月に第1弾「テキサスバーガー」「ニューヨークバーガー」「カリフォルニアバーガー」「ハワイアンバーガー」が発売され、2011年1月に第2弾「テキサス2バーガー」「アイダホバーガー」「マイアミバーガー」「マンハッタンバーガー」が発売されました。

マクドナルドのハンバーガーはいつも我々の期待を裏切りません。
メニューや店内に貼ってある写真を見て、そのハンバーガーをイメージして袋を開けると、必ずガッカリさせられます。食べてみると、その味にさらにガッカリさせられます。
今度こそは美味いのでは...と思いながら袋を開けるてガッカリ。食べてガッカリ。絶対我々の期待を裏切らないのがマクドナルドなのです。

ところが、この「Big America」シリーズは唯一と言っていいくらいの例外的な存在です。
袋を開けても、それほどガッカリさせられません。味もそこそこ美味しいのです。

今回の「グランドキャニオンバーガー」も「Big America」シリーズの名に恥じない美味しさなのか?
それともいつものガッカリなヤツなのか?
それを確かめるために、先行販売している御堂筋周防町店に行ってきました。

まずは写真の確認です。

重なり合うビーフパティとステーキフィリングが特徴的な「グランドキャニオンバーガー」。
アメリカ西部の世界遺産・グランドキャニオンの岩肌、地層をイメージした3段バンズと、色違いの2種類のチーズ(チェダーチーズ&モツァレラチーズ)、エッグ、ビーフパティが高くそびえ立つ、迫力満点の一品です。味の決め手となるステーキソースは、オニオンの具材感と風味、醤油、スモーク風味を組み合わせ、日本人が大好きなステーキ風味に仕上げました。

20111223-grandcanyon1.jpg BigAmerica おいしさのヒミツ」より

写真を見る限り、グランドキャニオンの岩肌、地層をイメージした3段バンズと、色違いの2種類のチーズ、エッグ、ビーフパティが高くそびえ立ち、見事にグランドキャニオンを再現していると言っても過言ではないでしょう。

かつてグランドキャニオンに行ったことがあるのですが、この写真を見ていると、ふとあの時のことを思い出しました・・・

大学の卒業旅行でアメリカを横断した時、グランドキャニオンに行きました。
乗員10人くらいの小さな飛行機に乗り、空から見たグランドキャニオンは雄大でした。日本では見たことがないような、どこまでも広がるその風景を眺めていると、同じような景色に5分で飽きてしまい、旅の疲れも相まって、すぐに寝てしまいました。地上に戻り、起こされるまでグッスリと寝てしまいました。
どれくらいの金額だったか覚えていませんが、男4人でツインの部屋に泊まったりする貧乏旅行だったので、気軽に飛行機に乗ったわけではなく、結構思い切って乗ったのです。なのに・・・
高い金払って何やっとんねん! と自分にツッコんだことを思い出しました。

今回のグランドキャニオンバーガーセットも740円。
マクドナルドにすれば、決して安いものではありません。
高い金払って何やっとんねん!
とならなければいいのですが・・・

20111223-grandcanyon2.jpg

第1弾は紙の箱に入っていた「Big America」シリーズですが、第2弾からは紙の袋になりました。
第3弾でも紙の袋ですが、第2弾の安っぽい1色刷の紙ではなく、フルカラー、総天然色、ランランルー! です。
マクドナルドの本気度が伝わってきます。

エコだとか、箱代を抑えるためだとか、そんな理由で紙の袋を選んだわけではなかったのです。
紙の袋でも、中身のハンバーガーのビッグさを伝えることができる。
それだけハンバーガーはビッグで美味いぜ、ランランルー!
そういうことなのです。たぶん。

もし中に入っているハンバーガーが小さかったら、この立体感は出せません。
袋を開けなくても、手に取った時点でガッカリ感が伝わってしまうのです。

これは期待できそうです。
ドキドキしながら、袋を開けてみました・・・

20111223-grandcanyon3.jpg

こ、これは・・・
結構写真通りでは?

さすが「Big America」シリーズ!
見た目は我々の期待を期待を見事に裏切り、写真に近い迫力のハンバーガーを出してきました。
しかし、見た目とは裏腹に、いつものガッカリさせられる味はきっと約束してくれるはずです。
たのむぞ、ドナルド・・・

!!!

味もなかなかいけるではないですか!
そんなにガッカリではありません。

まず、ソースが思っていたよりスパイシーです。
とりあえず、これでパンチがでているので、多くの人は美味しいと勘違いできるのではないでしょうか?
いつも入っていてもほとんどチーズの味がしない控えめなチーズもチェダーチーズとモツァレラチーズの2種類が入っているため、さすがにチーズの味を感じます。特にモツァレラチーズが主張しているように感じました。
もちろん主役のパティも負けてはいません。いつもの薄っぺらいパティと違い、しっかり肉の味がします。もちろん、マクドナルドのハンバーガーの中での話です。他のハンバーガーと比べてではないです。あくまでもマクドナルドの中ではということで・・・
フライドオニオンかな? 何かカリッとサクッとするものも入っているように感じました。
そして、それほど美味しいわけでもありませんが、バンズが3枚もあるので、お腹もそこそこ満たしてくれるでしょう。

20111223-grandcanyon4.jpg

残りの「ラスベガスバーガー」「ブロードウェイバーガー」「ビバリーヒルズバーガー」にも期待したいと思います。

マクドナルドはチキンタツタとBig Americaシリーズしか美味しいと感じなくなってきました。
できれば月替わりでBig Americaを出して欲しい。
これ以外に食べたいと思うものがないんですよね・・・