一服してぇ!-都電荒川線庚申塚駅構内いっぷく亭の宇治金時-

Written by Noch
9月だからってかき氷を食ベないと思ったら大間違い!そんなチキンな体温してないぜ!

ということで、珍しい駅構内の甘味処「いっぷく亭」。

店内から都電荒川線の行き交いと、都電に乗る人が見られる、鉄道オタクぅ♪垂涎の店。
そんなところの宇治金時はでかい!



ただ、高さはでかいが横から見ると薄い、江戸の見栄っ張り体質を再現。
氷はふわふわででかいんだけどねぇ。



宇治と餡が4段という豪華さでそのしょぼさをカバー!
でもでかいから順番としては氷だけを食べて、最初は氷を味わうことになる。



宇治金時越しの都電もおつな感じで5分もかからず完食。
宇治も餡も普通だったけど、シチュエーションと大きなかいた氷で一度は食べてほしいと思う。



650円は微妙に高い気はするが、巣鴨のとげぬき地蔵帰りに食べるなら丁度いいかも。賛同のかき氷屋よりはましかな。

採取地:いっぷく亭
価 格:650円

爆!鉄は帝都が災害に脆いことに抗議します。
台風で一気に停電する東京電力も。
よくこれで値上げとか言えるなぁ。
しかも学習しない帰宅困難者。バカどもばかりだ帝都は。