夏日が続いたので-男は黙って宇治金時-かき氷 新宿みつばち-

Written by Noch
夏の価値は、どれだけ宇治金時を食べられたのかで決まる!

というわけで、夏日が続いたので宇治金時の話題。

無性に宇治金時が食べたくなる瞬間ってあるよね。

そんな時には、年中かき氷のある、新宿歌舞伎町の甘味処
みつばち
元祖・小倉アイスの店らしい。
ここは歌舞伎町の端っこの怪しいビルの地下にあるから、入るのに勇気が要るが、中にはいると純和風。

ちょっと狭くて息苦しいかなって感じ。
でも、隠れ家にはちょうど良い。

で、さすが和の甘味処。普通かき氷は涼しげなガラスの容器だが、ここはがっしり陶器の容器。
抹茶もシロップ状の物ではなく、粉。抹茶そのものがかかっている。
そのため風味がいい。

小豆も甘すぎない。ただちょっと量がねぇ・・・少ない。

 

お茶もほうじ茶で椅子も木の良い感じ。
地下にあることを忘れさせる感じ。

 


爆鉄はアメリカの公的融資を受けた企業が続々黒字決算したことを非難します。
論外!

また衆議院解散時に「万歳」を叫ぶ慣習もおかしい。
そんなことより景気対策を早くすべし。
そのために「肝炎対策基本法」も「障害者自立支援法」も「労働者派遣法」も全て棚上げ。
どう考えても選挙以外政治を考えているとは思えない。

46年ぶりの皆既日食の年だ、大きな改革を望む。