前略、道の上から-「栗ふく」恵那SAのスナック-

Written by Noch
名古屋へ通じる高速道路のSAにはなかなか味のあるものがあるので、それを4回シリーズでお送りします。
題して!
「前略、道の上から」その1

すこし栗の季節から離れてしまったけど、まだまだ健在の栗。
そんな、栗で有名な岐阜の恵那峡を御紹介。

恵那峡SAの「栗ふく



ここには栗を使った栗ふくとさつま芋を使った八里半がある。
栗ふくは、オリジナル商品で、栗のカタチをした、かすてらまんじゅう。
写真奥のガラスエリアで実演で作ってる、いわば実演販売商品。
上と下を合体させて一個に作る。

 

食べれば中から国産栗が登場。
中には国産の栗が一個と、栗きんとんベースの栗あんが入ってる。

カスタード入りの「カスタード栗ふく」と栗あん入りの「栗ふく」の二種類がある。
今回は栗あん入りの「栗ふく」

甘い目のくりあんに小さい栗が一切れ。
栗あんはほんのり栗、栗自信はしっかり栗の薫りと味。
旨かった。

でも値段はいささか高い気がする、200円

 

この恵那峡SAは岐阜県だけあって栗きんとんが有名。
当然ここにも、栗きんとんが販売されている。

採取地:恵那峡SA(下り) 200円