名古屋飯その8-寿がきや「がつんときいた魚介だし!豚骨醤油つけ麺」-

Written by Noch
名古屋へ行こう〜、Go to heaven♪
名古屋ツアーシリーズ第八弾

名古屋といえば「寿がきや」!名古屋のラーメンおよびおやつ文化を支える偉大な店のカップ麺。

東海地方以外には意外と知られていないB級グルメの最右翼、早い、安い、うまい(かも?でもくせになる!)。
ラーメンなら、白い豚骨スープは豚骨なのにあっさり魚介類味。
味噌煮込みうどんのインスタントといえば、寿がきやが定番!
スーパーでもインスタント麺のコーナーに「寿がきや」コーナーがあるくらい。

そんなうまいラーメンを日々提供する寿がきやから、
豚骨醤油つけ麺ラーメン
がつん!と魚介だしが効きまくりで、しかも3種類の食べ方ができる。
「あつもり」「ひやもり」「湯だめ」のお好み次第。



ふたを開けるとまずは目を引く生麺と、中に入ったカップ。
つけ麺タレ用カップが入ってるという親切設計。

 

粉末スープと脂入り液体タレと、具をタレカップにおもむろに入れて準備万端。
そこに湯がいた麺の捨て湯を入れる。



今回は「あつもり」
湯がいたそのままをカップに入れていただく。



具はメンマ、なると、刻み油揚げのシンプルな3種類。
今回は刻みネギを追加してみた。これはこれでうまい
このメンマがなかなか臭くてうまい。

このほかに、湯がいた麺を水でさらしてカップに入れれば「ひやもり」、湯がいた麺をカップにあけ湯を注ぐと「湯だめ」の2種類がある。
お好みで。

さて味だが、確かに魚介だしが効いてるがいかんせん醤油が濃すぎ!タレが濃い。
出来ればカップ一杯に湯を注いだ方が良いかも。
「東京」豚骨醤油の東京にこだわりすぎて味を濃くしすぎたかも。

名古屋でクセになる麺を食いたかったら、寿がきやが一押し!

採取地:100均ストア 105円