名古屋飯その1-瀬戸焼きそば-

Written by Noch
名古屋へ行こう〜、Go to heaven♪
名古屋ツアーシリーズ第一弾

まずは小手調べの「瀬戸焼きそば」

今、巷のB級グルメでは富士宮焼きそばが人気だけど、どっこい名古屋(愛知)にもあったよ、「瀬戸焼きそば」

陶器の瀬戸物で有名な瀬戸市で作られている焼きそばなんだけど、一応「名古屋飯」の範疇でもいいかなってね、しかも名古屋駅の地下商店街で食べたし。
今回は第一回だから軽くジャブで。

「瀬戸焼きそば」福蔵


瀬戸焼きそばは、独特の茶色い蒸し麺に、豚肉の煮汁をダシにした醤油風味の味付けで、具はキャベツと甘く煮込んだ豚肉だけというシンプルなもの。
この店はその名に恥じぬシンプルさ。
壁に向かったカウンター席7席のみ、焼きそば400円、大盛り500円のメニューだけ。
あとはペットボトルのお茶。
ここは、ソースを使ってるけど、キッコーマンのウスターソースを使ってる。
 

麺は短く切ってあり、あっさりした味わいでなかなかうまい。
小腹が空いたときには最高!


採取場所:名古屋駅東口地下街メイチカ 福蔵 400円
場所 名古屋市中村区名駅3-14-15 名古屋駅地下街メイチカ内  電話 052-581-0505

注文したら、その場で鉄板を使い焼いてくれます。
水はセルフで汲みます。お金は商品と交換払いです。テイクアウトにも応じてくれます。
ただ、名古屋の地下街は閉店時間が早く21時頃にはほとんど閉店しているのでお気をつけを。